発展している土地で住まいを探すならリビン株式会社を!

不動産売買をお得に

女の人

仲介手数料を節約

個人が戸建て住宅を購入したり売却したりするとき、相手と直接取り引きするのは難しいため、普通は不動産会社に仲介を依頼します。このとき当然ながら仲介手数料がかかります。仲介手数料の上限は、法律で物件価格の3.24%プラス6.48万円以内と定められています。ほとんどの不動産会社は、仲介手数料で飯を食っているわけですから、上限いっぱいまで手数料を要求します。ところがリビン株式会社では、新築住宅を購入するときには仲介手数料がかかりません。不動産会社の多くは、売り主と買い主の両方から仲介手数料を取っています。しかしリビン株式会社では、売り主が宅建業者ならば、買い主からは手数料を取っていません。また宅建業者でなくても、売り主がリビン株式会社に仲介を依頼していた場合には、やはり買い主の手数料は無料になります。売り主が別の不動産業者に仲介を依頼していた場合は、買い主の仲介手数料は通常の半額になります。さらにリビン株式会社に売却を依頼した場合も、仲介手数料は通常の半額で済みます。法律では手数料の上限を定めているだけで、下限については何も言っていません。3%程度といっても不動産が高額になればなるほど、手数料の負担は大きくなります。上限額を請求するのは業界の慣例でしたが、今後は手数料の面でも業者間でサービスに差がついてくると考えられます。少しでもお得に不動産を購入・売却したいなら、仲介手数料に注目することをお勧めします。